借地借家法[04]定期借地権等

契約期間の満了後、更新されることなく終了する借地権を定期借地権といいます。定期借地権には、一般的なものの他に、事業用定期借地権と建物譲渡特約付借地権があります。
それぞれの借地権について、どのような用途のときに設定できるのか、契約の期間はどれくらいか、契約にあたり公正証書などの書面が必要か、など様々な論点があります。

1.定期借地権

(1).定期借地権とは

契約更新のない借地権

(2).定期借地権の種類
①まとめ

②一般定期借地権・③事業用定期借地権

適用されない規定(例)

  1. 契約の更新⇒[01]2(2)、3
  2. 建物築造による存続期間の延長⇒[01]4(1)
  3. 建物買取請求権⇒[02]3
★過去の出題例★
借地借家法[04](2)②
一般定期借地権

 年-問-肢内容正誤
129-11-4
賃貸借契約が建物所有を目的としている場合、契約の更新がなく、建物の買取りの請求をしないこととする旨を定めるには、賃貸人はあらかじめ賃借人に対してその旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。×
228-11-3
[Aが居住用の甲建物を所有する目的で、期間30年と定めてBから乙土地を賃借]AB間の賃貸借契約を公正証書で行えば、当該契約の更新がなく期間満了により終了し、終了時にはAが甲建物を収去すべき旨を有効に規定することができる。
×
借地借家法[04](2)③
事業用定期借地権
 年-問-肢内容正誤
129-11-4
賃貸借契約が建物所有を目的としている場合、契約の更新がなく、建物の買取りの請求をしないこととする旨を定めるには、賃貸人はあらかじめ賃借人に対してその旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。×
228-11-3
[Aが居住用の甲建物を所有する目的で、期間30年と定めてBから乙土地を賃借]AB間の賃貸借契約を公正証書で行えば、当該契約の更新がなく期間満了により終了し、終了時にはAが甲建物を収去すべき旨を有効に規定することができる。
×
322-11-1社宅も事業用定期借地権の対象になる。×
422-11-2事業用定期借地権設定契約は公正証書以外の書面で締結することができる。×
518-13-2居住用賃貸マンションは、事業用定期借地権の対象にならない。
618-13-3小売業を行う目的の土地賃貸借は、期間20年の事業用定期借地権とすることができる。
714-13-1事業用定期借地権を設定した場合、借主は建物買取請求権を有しない。
807-12-3賃貸マンションも、事業用定期借地権の対象になる。×
④建物譲渡特約付借地権

 


★過去の出題例★

借地借家法[04](2)④
建物譲渡特約付借地権
 年-問-肢内容正誤
112-11-1建物譲渡特約は、必ずしも公正証書によって締結する必要はない。
212-11-2建物譲渡特約が、当事者間の合意によらずに法定更新されることはない。
312-11-3建物譲渡により賃借人の借地権が消滅した場合で、賃借人がその建物に居住しているときは、直ちに、建物を明け渡さなければならず、賃借の継続を請求することはできない。×
412-11-4土地の賃借人から建物を賃借し、土地賃借人の借地権消滅後もそこに居住している建物賃借人が、土地の賃貸人に対して賃借の継続を請求したときは、一定の場合を除き、期間の定めのない建物賃貸借がされたものとみなされる。
505-11-4「借地権の設定から30年経過後に、借地権設定者が借地権者の建物を時価で買い取り、契約は更新しない」と特約しても、その特約は、無効である。×

2.一時使用目的借地権

(1).一時使用目的とは

臨時設備の設置その他一時使用のために借地権を設定したことが明らかな場合

(2).適用されない規定(例)
  1. 借地権の存続期間⇒[01]2
  2. 契約の更新⇒[01]2(2)、3
  3. 建物滅失時の対応⇒[02]1(3)
  4. 建物買取請求権⇒[02]3
★過去の出題例★
借地借家法[04]2
一時使用目的借地権
 年-問-肢内容正誤
124-11-4一時使用目的の借地権にも、建物買取請求権の規定が適用される。×
218-13-2一時使用目的の借地権には、契約期間・更新に関する規定が適用されない。

[Step.1]基本習得編講義

【動画講義を御覧になる方法】
DVD通信講座「基本習得編講座」(全16巻)16,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

[Step.2]実戦応用編講義

「一問一答式問題集」を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。

【動画講義を御覧になる方法】
【必須資料】『一問一答式問題』(権利関係)
DVD通信講座「実戦応用編講座」(全22巻)22,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

借地借家法[04]定期借地権等” に対して1件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    1(1)の②の次が④になっていますので、お知らせします。
    新しいものにされる際は訂正されたほうが良いように思います。

    1. 家坂 圭一 より:

      読みにくいかも知れませんが、
      「②一般定期借地権・③事業用定期借地権」
      として、②と③を1つの項目と扱っています。
      ③が抜けているわけではありません。

      1. T510 より:

        私の早合点で、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした。
        今後はこのようなことのないよう気をつけたいと思います。

        1. 家坂 圭一 より:

          お気になさらず。
          お気軽に御質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です