【宅建過去問】(平成20年問06)連帯債務と連帯保証

AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Aが、Bに対して債務を免除した場合にはCが、Cに対して債務を免除した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。Dが、Eに対して債務を免除した場合にはFが、Fに対して債務を免除した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。
  2. Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。Dが、Eに対して履行を請求した効果はFに及び、Fに対して履行を請求した効果はEに及ぶ。
  3. Bについて時効が完成した場合にはCが、Cについて時効が完成した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。Eについて時効が完成した場合にはFが、Fについて時効が完成した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。
  4. AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負う。DE間の契約が無効であった場合はFが、DF間の契約が無効であった場合はEが、それぞれ1,000万円の債務を負う。

正解:2

 20-06-0a  20-06-0b

連帯債務・連帯保証それぞれの場合に、ある人に生じた事由が、他の人にどのように影響を与えるか、を最初にまとめておこう。

この人に生じた事由は この人に対して 請求 弁済
相殺
混同
免除
時効
その他
連帯債務者B(C) 連帯債務者C(B) ×
連帯保証人F 主債務者E △=× ×
主債務者E 連帯保証人F

○:影響する  △:負担部分で影響  ×:影響しない

■類似過去問(連帯債務者の一人に生じた事由の効力)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
履行の請求
120-06-2連帯債務者の一人に履行を請求すれば、他の連帯債務者にも効力を生ずる。
208-04-2連帯債務者の一人に履行を請求すれば、その効力は他の連帯債務者にも及ぶ。
303-06-3連帯債務者の一人に履行を請求して、その消滅時効を中断すれば、他の連帯債務者の時効も中断される。
402-07-4BとCが連帯債務を負う場合、債権者AのBに対する履行の請求は、Cに対しても効力を生じる。
501-10-1債権者が連帯債務者の一人に対して代金支払いの請求をしても、代金債権の消滅時効は、他の連帯債務者については中断されない。×
混同
001-10-4債権者が死亡し、連帯債務者の1人がその相続人としてその代金債権を承継しても、他の連帯債務者の代金支払債務は、消滅しない。×
相殺
113-04-4(C所有の土地をA・Bが共同購入し、連帯債務を負っている。)Cから請求を受けたBは、Aが、Cに対して有する債権をもって相殺しない以上、Aの負担部分についても、Bからこれをもって相殺することはできない。×
免除
120-06-1連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
216-06-2連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
308-04-3連帯債務者の一人に債務全額の免除をした場合でも、その債務者の負担部分を除いた金額について、他の連帯債務者に請求することはできる。
時効完成
120-06-2連帯債務者の一人につき時効が完成すれば、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
203-06-1連帯債務者の一人につき時効が完成すれば、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
■類似過去問(連帯保証:連帯保証人について生じた事由の効力)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
履行の請求
120-06-2債権者が主債務者に履行を請求した効果は連帯保証人に及び、連帯保証人に対して履行を請求した効果は主債務者に及ぶ。
215-07-3連帯保証人に対する履行の請求による時効中断は、主債務者に対しても効力を生ずる。
310-04-3連帯保証人に対し請求の訴えを提起することにより、主債務者の消滅時効中断の効力が生ずることはない。×
407-03-1連帯保証人に対し訴訟により弁済を請求しても、主債務者の債務については時効中断の効力を生じない。×
502-07-3Cが主債務者Bの連帯保証人の場合、債権者AのCに対する履行の請求は、Bに対しても効力を生じる。
時効の完成
020-06-3主債務者について時効が完成した場合には連帯債務者が、連帯債務者について時効が完成した場合には主債務者が、それぞれ全額の債務を免れる。×
免除
120-06-1主債務者が免除を受ければ連帯保証人が、連帯保証人が免除を受ければ主債務者が、債務を免れる。×
216-06-2連帯保証人が免除を受ければ、主債務者も債務を免れる。×
■類似過去問(保証:主たる債務者について生じた事由の効力)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
時効の中断
120-06-2債権者が主債務者に履行を請求した効果は連帯保証人に及び、連帯保証人に対して履行を請求した効果は主債務者に及ぶ。
216-06-4主債務者が債務を承認して時効が中断した場合、連帯保証人の連帯保証債務に対しても時効中断の効力を生ずる。
315-07-4主債務者に対する履行の請求その他時効の中断は、保証人に対しても効力を生ずる。
407-03-3主債務者に対し訴訟により弁済を請求すれば、連帯保証人の債務についても時効中断の効力を生ずる。
502-07-2Cが主債務者Bの保証人の場合、債権者AのBに対する履行の請求は、Cに対しては効力を生じない。×
主たる債務者の債権による相殺
106-09-4債権者が保証人に対して直接1,000万円(債務全額)の支払を求めて来ても、主債務者が債権者に 600万円の債権を有しているときは、保証人は、債務者の債権による相殺を主張して、 400万円を支払えばよい。

【1】誤り

【連帯債務】
債務を免除された連帯債務者の負担部分については、他の連帯債務者もその義務を免れる(民法437条)。したがって、Bが免除を受ければCが、Cが免除を受ければBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。

【連帯保証】
主たる債務者Eが債務の免除を受ければ、保証債務の附従性により、連帯保証人Fも債務を免れる。
一方、連帯保証人Fが免除を受けた場合については、連帯債務に関する規定が準用されている(民法458条)。しかし、連帯保証人は保証人に過ぎず、負担部分がない。つまり、主たる債務者Eの債務は全く減ることがない。依然として全額の債務を負担する。

 20-06-1a  20-06-1b  20-06-1c

【2】正しい

【連帯債務】
連帯債務において、履行の請求は、絶対効を有する。すなわち、連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる(民法434条)。
したがって、Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。

【連帯保証】
主たる債務者Eに履行を請求すれば、保証債務の附従性により、連帯保証人Fにも履行を請求したことになる。
逆に、連帯保証人に生じた事由に関しては、民法434条が準用される(民法458条)。つまり、債権者Dが、連帯保証人Fに履行を請求すれば、主たる債務者Eにも請求したことになる。

 20-06-2a  20-06-2b  20-06-2c

【3】誤り

【連帯債務】
時効が完成した連帯債務者の負担部分については、他の連帯債務者もその義務を免れる(民法439条)。したがって、本問では、Bの消滅時効が完成すればCが、Cの消滅時効が完成すればBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。

【連帯保証】
主たる債務者Eの時効が完成すれば、保証債務の付従性により、連帯保証人Fも債務全額を免れることになる。
一方、連帯保証人について生じた時効の完成は、主債務者には影響を及ぼさない。したがって、Fについて時効が完成した場合でも、Fが保証債務を免れるのみである。Eは、主たる債務を免れることができず、依然として全額の債務を負担する。

 20-06-3a  20-06-3b  20-06-3c

【4】誤り

【連帯債務】
債務者の一人について債務が無効であった場合でも、他の債務者の債務には影響を及ぼさない(民法433条)。
※民法に特に規定がない限り、連帯債務者の一人に生じた事由は、他の連帯債務者に影響を及ぼさない。これを相対効の原則という。

【連帯保証】
債権者Dと主たる債務者Eとの契約が無効であった場合、保証債務の付従性により、連帯保証人Fも債務全額を免れることになる。
一方、債権者Dと連帯保証人Fとの契約が無効であった場合、連帯保証契約は成立しない。しかし、このことは、主たる債務には影響を及ぼさない。つまり、保証人のいない債務として有効に成立する。

 20-06-4a  20-06-4b  20-06-4c
■類似過去問(連帯債務の基本構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-10-2借入金債務のある債務者が養子縁組をした場合、その養子は、債務者と連帯して返済の責任を負う。×
220-06-4AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合、AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負う。
316-06-1債権者は、連帯債務者に対し、それぞれ負担部分の範囲でしか請求できない。×
413-04-1債権者は、連帯債務者の一人に全額請求した場合、他の連帯債務者には全く請求することができない。×
513-04-2連帯債務者の一人は、債権者から全額請求されても、負担部分だけ支払えばよい。×
608-04-1債権者は、連帯債務者のそれぞれに対して、同時に、代金全額の支払いを請求できる。
■類似過去問(保証契約)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
契約の当事者
122-08-1保証人となるべき者が、主たる債務者と連絡を取らず、同人からの委託を受けないまま債権者に対して保証したとしても、その保証契約は有効に成立する。
付従性
120-06-4DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合、DE間の契約が無効であった場合はFが、DF間の契約が無効であった場合はEが、それぞれ1,000万円の債務を負う。×
206-09-2主債務者の債権者に対する債務が条件不成就のため成立しなかった場合、保証人は、債権者に対して保証債務を負わない。
保証人の責任
125-07判決文の読み取り問題
要式性
127-01-2事業のために負担した貸金債務を主たる債務とする保証契約は、保証人になろうとする者が、契約締結の日の前1か月以内に作成された公正証書で保証債務を履行する意思を表示していなければ無効となる旨は、民法の条文に規定されている。×
224-03-3保証契約が要式契約であることは明文で規定されている。
322-08-2口頭での意思表示で保証契約が成立する。×
保証債務の範囲
106-09-3保証人・債権者間の保証契約締結後、債務者・債権者間の合意で債務が増額された場合、保証人は、その増額部分についても、保証債務を負う。×
保証人の要件
106-09-1債権者CがAを保証人として指名したため、Aが保証人となった場合、Aが破産しても、Cは、主債務者Bに対して保証人の変更を求めることはできない。

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です