【宅建過去問】(令和03年問12)借地借家法(借家)


Aを賃貸人、Bを賃借人とする甲建物の賃貸借契約(以下この問において「本件契約」という。)が令和3年7月1日に締結された場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。

  1. 本件契約について期間の定めをしなかった場合、AはBに対して、いつでも解約の申入れをすることができ、本件契約は、解約の申入れの日から3月を経過することによって終了する。
  2. 甲建物がBに引き渡された後、甲建物の所有権がAからCに移転した場合、本件契約の敷金は、他に特段の合意がない限り、BのAに対する未払賃料債務に充当され、残額がCに承継される。
  3. 甲建物が適法にBからDに転貸されている場合、AがDに対して本件契約が期間満了によって終了する旨の通知をしたときは、建物の転貸借は、その通知がされた日から3月を経過することによって終了する。
  4. 本件契約が借地借家法第38条の定期建物賃貸借契約で、期間を5年、契約の更新がない旨を定めた場合、Aは、期間満了の1年前から6月前までの間に、Bに対し賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、従前の契約と同一条件で契約を更新したものとみなされる。

正解:2


>>令和03年(10月)の問題一覧へ

解説動画公開中

令和3年10月本試験の解説動画を次々公開しています!
『本試験解説DVD』『本試験解説PDF』の無料プレゼントも実施中です。お早めにお申し込みください。

【宅建過去問】(令和03年問12)借地借家法(借家)” に対して6件のコメントがあります。

  1. ABC より:

    大家20年やっています。選択肢2が正解の感覚がないのですが、どんな民法と判例で◯になるのですか?

    1. 家坂 圭一 より:

      ABC様

      本問に関する解説動画を公開しました。
      ご確認ください。

  2. よよ より:

    先生、おはようございます。答え1,3,4別々を説明を頂ければ助かりますが、お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

    1. 家坂 圭一 より:

      よよ様

      本問に関する解説動画を公開しました。
      ご確認ください。

      1. よよ より:

        先生、ありがとうございました。大変助かりました。

        1. 家坂 圭一 より:

          どういたしまして!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です