【宅建過去問】(令和02年問13)区分所有法


建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 共用部分の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く。)は、区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議で決するが、この区分所有者の定数は、規約で2分の1以上の多数まで減ずることができる。
  2. 共用部分の管理に係る費用については、規約に別段の定めがない限り、共有者で等分する。
  3. 共用部分の保存行為をするには、規約に別段の定めがない限り、集会の決議で決する必要があり、各共有者ですることはできない。
  4. 一部共用部分は、これを共用すべき区分所有者の共有に属するが、規約で別段の定めをすることにより、区分所有者全員の共有に属するとすることもできる。

正解:4


>>令和02年(10月)の問題一覧へ

0

宅建講座(eラーニング/DVD)のご案内

ビーグッド教育企画の宅建講座をご紹介する動画です(上の画像をクリックすると再生が始まります)。
教材のお申込みやお問合せは、当社のWebストアまで。

【宅建過去問】(令和02年問13)区分所有法” に対して6件のコメントがあります。

  1. ひなた より:

    「2分の1以上の」は、100人いたら50人以上ってことなのはわかるんですが……
    「2分の1以上の〘 多数〙」ってついてるので、50:50じゃ〘 多数〙とは言えないから過半数でしょ?って思ってしまいました……

    日本語って難しいですね……

    0
  2. やすみ より:

    返信ありがとうございます。
    昨日からのモヤモヤがすっきり晴れました。
    2分の1を過半数と思い込んでいました。
    ありがとうございました。

    0
  3. やすみ より:

    問13 の答えは①じゃないですか?どの予備校の解答を見ても④になっているんですが…

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      やすみ様

      ご質問ありがとうございます。

      問13 の答えは①じゃないですか?どの予備校の解答を見ても④になっているんですが…

      共用部分の重大変更について、区分所有者の定足数は、「規約でその過半数まで」しか減ずることができません。つまり、区分所有者が100人いるとすると、「51人」までしか軽減することができません。
      それにも関わらず、本肢では、「2分の1以上の多数」(100人のうち、50人以上)としているので誤りです。

      【講義編】区分所有法[01]区分所有建物
      3.共用部分
      (5).共用部分の変更・管理
      では、以下の表を使って説明しています。

      0
      1. やすみ より:

        返信ありがとうございます。
        過半数を2分の1と覚えていました。
        昨日からのモヤモヤがすっきり晴れました。
        ありがとうございました。

        0
        1. 家坂 圭一 より:

          わざわざご返信ありがとうございます。
          モヤモヤが解消できて幸いです。

          同じコメントが2つ付いていたので、片方を削除しました。ご了承ください。

          0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です