【宅建過去問】(令和03年問02)連帯債務


債務者A、B、Cの3名が、令和3年7月1日に、内部的な負担部分の割合は等しいものとして合意した上で、債権者Dに対して300万円の連帯債務を負った場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. DがAに対して裁判上の請求を行ったとしても、特段の合意がなければ、BとCがDに対して負う債務の消滅時効の完成には影響しない。
  2. BがDに対して300万円の債権を有している場合、Bが相殺を援用しない間に300万円の支払の請求を受けたCは、BのDに対する債権で相殺する旨の意思表示をすることができる。
  3. DがCに対して債務を免除した場合でも、特段の合意がなければ、DはAに対してもBに対しても、弁済期が到来した300万円全額の支払を請求することができる。
  4. AとDとの間に更改があったときは、300万円の債権は、全ての連帯債務者の利益のために消滅する。

正解:2


>>令和03年(10月)の問題一覧へ

解説動画公開中

令和3年10月本試験の解説動画を次々公開しています!
『本試験解説DVD』『本試験解説PDF』の無料プレゼントも実施中です。お早めにお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です