「宅建」高速解法テクニック~講義の概要

「宅建」高速解法テクニック講義とは

「『宅建』高速解法テクニック」は、(1)ビジュアル整理、(2)フローチャート思考、(3)原則・例外思考という解答テクニックを使うことにより、効率的かつ確実に得点を積み上げるための講座です。
この講座では、以下のような方針で、勉強の徹底的な効率化を図ります。

  • ★ビジュアル整理で状況や登場人物を把握!
  • ★フローチャート思考で、チェックポイントをもれなく無駄なく確認!
  • ★原則・例外思考で、必要な知識だけを集中的に覚える!
  • ★慎重にセレクトされたベスト過去問で「解き方」を一気にマスターする!
多くの講師はいまだに根性論と丸暗記

「宅建の勉強法」といえば、いまだに

  • ▲たくさん過去問を解けば、そのうち自力で解けるようになる。
  • ▲ゴロ合わせで大量の知識を覚えれば、問題が解けるようになる。

といった、非科学的な精神論が主流です。
しかし、そのような方針で勉強しても、こんな悩みが出てくるだけではないでしょうか。

  • ▼ゴロ合わせで覚えたはずなのに、問題を解く段階になると何がなんだか分からなくなる。
  • ▼問題文を何度も読まされたあげく、結局、何を言っているか分からなくなる。
  • ▼「◯◯の場合は」が出てくると、「それはまだ勉強していない」と思い込んでしまう。
立ち上がる家坂講師

そこで立ち上がったのがビーグッド教育企画の家坂講師です。
家坂 圭一(いえさか けいいち)

東京大学法学部卒。
ビーグッド教育企画代表。

大学受験、国家Ⅰ種公務員(現在の総合職)試験合格の経験を基礎に指導歴30年超。楽に確実に合格する方法の伝授がテーマ。

■もう少し詳しい経歴■

この人は、高校・大学受験の時代(昭和末期)から、周囲の同級生や先生によって、手抜きだの邪道だのと批判されてきました。
しかし、それに一切くじけず、「合格第一!効率最優先!」という受験テクニックを磨き続けてきたのです。

ようやく時代が追い付いたのでしょうか。
最近では、「コスパ」「タイパ」というような言葉で、このような効率性重視の考え方がが正当に評価されるようになってきたようです。
であれば、「宅建」試験についても、受験テクニックを堂々と公開すべきでしょう!
そこで、家坂講師は、自らの受験テクニックを「『宅建』高速解法テクニック」として堂々と伝授することに踏み切りました。

このような戦略に基づく「『宅建』高速解法テクニック」を活用して、詰め込んだ知識を整理し、選択肢の◯×を効率的かつ自信をもって確定できるようにしましょう!
みなさんの効率的な合格を応援します!

「宅建」高速解法テクニックの【目次】
個別ページ[Step.1][Step.2]での
参照項目
00「宅建」高速解法テクニック~講義の概要なし
01開発許可の要否都市計画法[06]開発許可制度
02宅建業者の欠格要件(犯罪絡み)宅建業法[03]免許の基準(欠格要件)
03相続の家系図問題民法[31]相続
04事後届出の要否国土利用計画法[02]事後届出制
05相手方が宅建業者である場合宅建業法[各所]
06自ら貸主となる場合と関連知識宅建業法[各所]
07相続されるかされないか権利関係[各所]
08建物状況調査宅建業法[各所]

【無料公開講座】スリー・ステップ学習法

宅建学習のプロセスを3段階に分け、着実なステップアップを目指す『スリー・ステップ学習法』。この講座の特長を実際に理解・体験していただくための「無料公開講座」です。
  • [Step.1]基本習得編で宅建合格に必要な基礎知識を学ぶ。
  • [Step.2]一問一答編で「一問一答式」の本試験過去問で基礎知識を確認し、○×を見分ける解法テクニックを身に付ける。
  • [Step.3]過去演習編で「四択問題」の解決法を学ぶ。

この3段階で、着実に合格レベルに進むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です