「宅建」高速解法06~自ら貸主となる場合と関連知識

この項目のテーマ

「自ら貸主・転貸主となる場合」は、宅建業法でもTOP5に入る頻出論点(=出題テーマ)です。
平成元年~令和5年にわたる37回の本試験を見ると、この論点が「33肢」出題されています。

「単純な問題なら解けるけど、ちょっとヒネられると混乱する。」
そんな受験生の声を多数聞いてきました。
もう大丈夫。ここで、「自ら貸主」と関連知識について、高速で自信を持って正解するテクニックを伝授します。

さらに、関連知識として、これも頻出論点である「広告開始時期の制限」(39肢出題)や「契約締結時期の制限」(21肢出題)にも触れます。
この話、実は、「自ら貸主となる場合」と連続しているのです!

ということで、今回は、頻出論点を3つも勉強できるお得なテーマです。

まずは、「ベストセレクション過去問(厳選10問)」を解いておきましょう。

紙に印刷して解きたい方用に、PDFファイルも用意しました。
1ページ目は「問題のみ(正解表示なし)」、2ページ目には「問題&解説」が表示されています。

[Step.1]基本習得編

基本習得編を視聴して、問題を高速で解く上で必要な「解法テクニック」を確認しましょう。

[Step.2]一問一答編

「高速解法テクニック」を使って、どのように問題を解くのか。初見から正解まで、解法のプロセスをマネしましょう。

「『宅建』高速解法テクニック」講義の概要

「『宅建』高速解法テクニック講義」では、以下のような方針で、勉強の徹底的な効率化を図ります。

  • ビジュアル整理で状況や登場人物を把握!
  • フローチャート思考で、チェックポイントをもれなく無駄なく確認!
  • 原則・例外思考で、必要な知識だけを集中的に覚える!
  • 慎重にセレクトされたベスト過去問で「解き方」を一気にマスターする!

個別ページ[Step.1][Step.2]での
参照項目
00「宅建」高速解法テクニック~講義の概要なし
01開発許可の要否都市計画法[06]開発許可制度
02宅建業者の欠格要件(犯罪絡み)宅建業法[03]免許の基準(欠格要件)
03相続の家系図問題民法[31]相続
04事後届出の要否国土利用計画法[02]事後届出制
05相手方が宅建業者である場合宅建業法[各所]
06自ら貸主となる場合と関連知識宅建業法[各所]
07相続されるかされないか権利関係[各所]
08建物状況調査宅建業法[各所]

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です